アサイゲルマニウム(有機ゲルマニウム)の呼び方について

アサイゲルマニウムは長年の歴史の中で、呼び名が数種存在するようになりました。
それはさまざまな場所・機関でアサイゲルマニウムの作用が研究・発表され、世に認められていった証でもあります。

以下に記載する化合物はすべて、アサイゲルマニウムのことを示します。

  • β-Bis-carboxyethylgermanium sesquioxide
    :1967年日本化学会へ発表したときの化学名です。
  • Ge-132
    :(株)浅井ゲルマニウム研究所での開発番号であり、また、論文に掲載するときの略称です。
    治験を届け出るときの治験成分記号でもあります。
  • 2-carboxyethylgermanium sesquioxide
    :1970-80年代に使用していた化学名です。
  • poly-trans-[(2-carboxyethyl)germasesquioxane] (略記号:p.t-CEtGeO)
    :ポリ-トランス-[(2-カルボキシエチル) ゲルマセスキキサン]:1991年WHOにより決定された化学名で、
    アサイゲルマニウムの正式名称です。
  • レパゲルマニウム (repagermanium)
    :1991年WHOにより決定された一般的名称であり、また化粧品成分として記載するときの名称です。
ASAI GERMANIUM®浅井一彦博士

PAGETOP
相談窓口 資料請求・ご購入
フリーコール