ノン子・ひなこの㈱浅井ゲルマニウム研究所 探訪記

研究部 [RESEARCH DIVISION]

アサイゲルマ君

研究部 さてそれでは、お隣の研究部に参りましょう。化学系と生物系との2方向からアサイゲルマニウムを研究しているんですよ。


ひなこちゃん

わあ、私達の研究室にはないような機器や装置がいろいろありますね。


アサイゲルマ君

ここでは常に科学の進歩に応じた研究が行われています。アサイゲルマニウムと生命との係わりを調べたり、広く生活に役立てる方法や様々な資源から有効にゲルマニウムを回収したり取り出したりする方法の開発などにも力を入れているんですよ。
また、今はアサイゲルマニウムの未知の魅力の探究や、より有効な活かし方について研究が進み、化学系と生物系との融合が進んでいます。


ノン子さん

浅井一彦博士の情熱と探究心が、綿々と研究所の皆様によって引き継がれているんですね。そのエネルギーとパワーが、研究成果となって見えてくる日は近そうですね!


アサイゲルマ君

アサイゲルマニウムの可能性はまだまだ広がっていきますよ!


ひなこちゃん

何か新しいことが始まりそうで、楽しみ!


ノン子さん

浅井ゲルマニウム研究所の皆様、ありがとうございました。



ノン・ひな ワンポイントメモ

  • キャンペーン
  • 50周年
  • 展示会

PAGETOP
相談窓口 資料請求・ご購入
フリーコール